■太陽圏外に脱出からほぼ1年、星間空間の謎はますます深まる2018年11月、地球から遠く離れた宇宙の暗闇で、NASAの宇宙探査機ボイジャー2号が探査の大きな節目を迎えた

ニュース速報+

■太陽圏外に脱出からほぼ1年、星間空間の謎はますます深まる

2018年11月、地球から遠く離れた宇宙の暗闇で、NASAの宇宙探査機ボイジャー2号が探査の大きな節目を迎えた。私たちの太陽圏を脱して、星間空間に到達したのだ。太陽圏の外に出た探査機は、ボイジャー1号に続いて2機目となる。

その1周年を目前に控えた11月4日、学術誌「Nature Astronomy」に5本の論文が掲載された。これは、太陽圏と星間空間の境界付近のプラズマを直接観測した初めての報告だ。プラズマは電気を帯びた粒子で、太陽風はその流れである。また、1977年に打ち上げられたボイジャー2号は、いずれも巨大な氷の惑星である天王星と海王星に接近した唯一の探査機でもある。

姉妹機のボイジャー1号は、2012年に星間空間への到達を果たした。2機のデータを比較すると、星間空間に存在する粒子の密度など、共通する部分も多かったが、太陽圏を脱出するときの観測には興味深い違いもあり、銀河系(天の川銀河)内での太陽の動きについて新たな謎が深まった。

米カリフォルニア工科大学の物理学者でボイジャー計画の科学者エド・ストーン氏は、論文の公開に先立って開かれた記者会見で、「本当に素晴らしい旅でした」と語った。

また、米プリンストン大学の博士研究員で物理学者のジェイミー・ランキン氏も、「人類が星間空間にいると思うと、ぞくぞくします。すでにボイジャー1号が星間空間へ到達していますが、今回の到達はもっと重要です。2カ所の異なる場所にいる2機が、それぞれの場所で星間物質を比較できるからです」と付け加えた。なお、ランキン氏は今回の研究には関与していない。

■太陽圏は私たちを守る宇宙の「泡」

ボイジャー2号による最新の発見を理解するには、太陽が単なる火の玉ではないということを知っておくとよいだろう。

私たちの太陽は激しく燃えさかる核融合炉であり、時速約80万キロで銀河系の中心を周回している。

また、太陽の表面からは常にプラズマの太陽風が放出されている。この太陽風はいずれ恒星の間を漂う星間物質と衝突することになる。

星間物質は、遠い昔に恒星が爆発した名残で、油と水のように、太陽風と星間物質が混じり合うことはない。おかげで、両者がぶつかる部分に境界面ができる。太陽からはあらゆる方向に太陽風が放出されるため、全体としては泡のような状態になる。この内側が太陽圏、すなわち「ヘリオスフィア」で、その境界面は「ヘリオポーズ」と呼ばれる。

ボイジャーのデータによると、太陽からヘリオポーズまでの距離は、太陽の進行方向の最先端部で約150億キロ。そして太陽圏の泡は太陽と8個の惑星をすべて包み込み、私たちの繊細なDNAも含め、内部にあるもの全てを、銀河系からやってくる強力な銀河宇宙線から守っている。

太陽圏が外の星間空間と接する境界付近には、銀河系の中を移動する太陽圏についての情報が深く刻み込まれている。また、宇宙に散らばる他の恒星の状況もわかるかもしれない。

「私たちは、太陽風と星間物質がぶつかり合う境界面がどうなっているのかを理解しようとしています。そのふたつがどのように混じり合うのか。泡の内側から外側へ、または外側から内側へ、どれだけの物質が移動しているのかを知りたいと思います」とストーン氏は会見で語った。

そのヘリオポーズを、科学者たちが初めて目にしたのは2012年8月25日だった。ボイジャー1号が星間空間に突入した日だ。だが、そこから得られた情報は予想外のものだった。例えば、星間空間の磁場は予想されていたよりも2〜3倍も強力だった。つまり、太陽圏は予想されていたよりも10倍も高い圧力を星間粒子から受けていた。

「私たちは初めて実際に星間物質を体験したのです。実に画期的でした」。NASA本部のプログラム科学者で、太陽系物理学者のパトリック・コーエーン氏はそう語った。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/110600643/

28 2019/11/09(土) 09:48:28.51ID:hxsBjAV90.

志村に可愛いがられてたけど、ああ見えて田代って酒一滴も飲めないからなー

419:2019/11/08(金) 14:45:17.22ID:sKiJdg090.

>>412
その人ユーチューブ動画やネットで仕入れた知識を拡大解釈してるだけだから真に受けないほうがいいよ

245:2019/11/08(金) 03:36:13.44ID:D1763tCc0.

そんなの50年くらい昔にアメリカの軍産複合体がとっくに調べに行ってるでしょ

129:2019/11/07(木) 13:55:19.53ID:CdKk1ESm0.

>>117
別に奇跡ちゃうわ。その人間ありきの感覚が間違いだ

タンパク質系生命は地球型に発生するのは当然だ

ケイ素系生命だったらそいつらの環境が奇跡!ってなるだけで、地球型惑星は毒でしかない

そして人間が生物の頂点ってのも間違いだ。哺乳類の頂点はネズミで、地球で一番個体数が多いのはアリ

でもまあ引きこもりは外でろ

97:2019/11/07(木) 13:29:52.52ID:fuwIrSUc0.

太陽も地球を含めた色んな惑星を引き連れて宇宙空間を移動してるのか初めて知った

616:2019/11/10(日) 10:46:37.23ID:EB47EZ1i0.

>>615
「ごく少数の人外的天才頭脳を生み出した人類スゲー」ということでひとつ

187:2019/11/07(木) 23:31:48.06ID:6VPtHQ/c0.

>>183
横から悪いけれどもインフレーションの時はもっと遥かに高温でしょ

更に言えばいまでも宇宙は光速の3倍の速度で膨張していると言われている

アインシュタインの相対性理論はあくまでもこの宇宙の通常の状態でしか通用しない

ブラックホールが何なのかもまだ解明出来ていないし

ブラックが星団の中心に存在しているとして何故星団を形成出来ているのかも解っていない

星団に依ってはブラックホールの周りを光速に近い速度で回転している星々もある

656:2019/11/10(日) 19:58:18.07ID:YQMEqefa0.

太陽って偉大なんだな。

今度天照大御神にお礼言ってくる。

238:2019/11/08(金) 01:15:43.19ID:HqUNPrby0.

>>234
泡理論が正解かもね。

315:2019/11/08(金) 10:31:50.79ID:qTle7Wj90.

>>11
宇宙はスカスカだからな。

お前が吐いた、くさい息の中を何十キロも飛ぶほうが奇跡。

52:2019/11/07(木) 12:36:05.68ID:ILDUXuVq0.

カップラーメン何秒でできるレベル?

73:2019/11/07(木) 12:51:30.94ID:wW5BH8/L0.

>>53
藤子不二雄の老年期の終わり

107:2019/11/07(木) 13:36:58.35ID:ZjULLahA0.

>>1
なんとか戦隊ボインジャーが性感物質を発射したのか

タイトルとURLをコピーしました