NHK「なぜ、安倍首相を倒せないのか」★2

ニュース速報+

1:2019/11/29(金) 17:50:09.81ID:CdlIGCU99 ※夜の政治スレ
https://www.nhk.or.jp/politics/wp-content/uploads/2019/11/1127yato.jpg

野党の視点から展望するため、私たちは、民主党政権の中核を担った4人にインタビュー。

立憲・安住「自民党内に有力なライバルがいないことと、野党が受け皿を作れなかったことだ」

無所属・野田元首相「野党がバラバラになって互いに足を引っ張っていることが一番大きな原因だ」

国民民主・前原「民主党政権の失敗が要因だ。民主党政権はひどかったという意識が定着してしまった」

国民民主・小沢「安倍政権に代わる受け皿がない。国民は政権をかえたくても選択する対象がない」

■民主党政権の失敗
4人はそろって、長期政権の要因は「自分たちの側にもある」とした。
支持する理由を聞いたところ、「他の内閣より良さそうだから」が半数近くの47%を占めた。
その一方、「実行力があるから」と「支持する政党の内閣だから」はそれぞれ16%にとどまった。

2009年8月、民主党は、衆議院選挙で戦後最多となる308議席を獲得して自民党に圧勝、政権交代が実現した。
鳩山政権発足直後の内閣支持率は72%、国民の期待を集めての船出だった。

しかし、民主党政権は、3年3か月後に幕を下ろすことになる。
民主党政権の最初のつまずきは、沖縄のアメリカ軍普天間基地移設問題をめぐる「迷走」だ。
当時の鳩山総理大臣は「最低でも県外」と主張。沖縄を中心に、国民の期待が高まった。
しかし、「腹案がある」としながらも、具体的な進展がないまま県外への移設を断念。
急速に求心力を失い、鳩山は9か月で、辞任を余儀なくされた。
政権末期の内閣支持率は、21%にまで下落していた。

2010年6月、総理大臣のバトンを受けたのは菅直人。菅内閣発足直後の支持率は61%。持ち直したかのように見えた。
しかし、菅総理大臣は、就任直後に消費税率の10%への引き上げに言及。
この発言などが影響して、民主党は、夏の参議院選挙で大敗した。
国会は、衆参両院で多数派が異なる、いわゆる「ねじれ」状態となった。

2011年3月、東日本大震災が発生。菅総理大臣の原発事故への初動対応にも批判が出た。
結局、2年続けて、総理大臣が辞任することになった。

■致命傷となった集団離党
国会議員50人が消費税率の引き上げに反発、党を飛び出した。小沢。

「国民との約束を破る消費増税を強行したことに反対して、最終的に離党したことは、何も間違っていない。
政治家として筋の通った行動であり、後悔もしていない」
「ただ、もっと野田政権自体に、いろいろな議論の中でなんとかできた要素はあったと思う。
(政策調査会長の)前原君が座長だったけれども、全然、意見がまとまらないうちに打ち切っちゃった。
それで党の決定だということにしちゃって」

当時の総理大臣、野田
「離党騒動などがあって、民主党政権はバラバラになったな、というイメージが強烈に残ってしまった。
小沢先生とは2回お会いして、なんとか説得してご理解いただこうと思ったが駄目だった。やはり、残念だった」

議論を打ち切った」と小沢に名指しされた前原
「反小沢と親小沢とで真っ二つに割れて。普通は、権力を握っていたら、権力の土台を壊すまでけんかはしない。
ただ、権力の土台を壊すまでけんかをしてしまった。今から考えると本当にバカげたけんかをしていた」

■執着心の欠如
国民民主・前原「政権を維持し続けるんだという、ある意味、政権に対する貪欲さ、権力に対する執着心が足りなかったのだと思う」

立憲・安住「民主党は、政権を維持していこうという執着心が欠けていた。その点、自民党は非常にしたたかで、
政権を維持したいという気持ちが、各議員に浸透している。その差が出ている」

国民民主・小沢「安倍総理大臣もそうだが、自民党は権力に対する執着心が非常に強い。
権力のためならまとまるというのが自民党の体質で、いまの与党と野党では大人と子どもみたいな違いがある。
政権には、そういうしたたかさや強さが必要だ」

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/26402.html

1スレの日時 2019/11/29(金) 11:56:30.99
前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574996190/

158:2019/11/29(金) 19:50:19.69ID:fSRCEMVo0.

野党は批判するしか能のない中学生レベルの馬鹿しかいなからだろ

193:2019/11/29(金) 21:40:27.93ID:dUIfoaLK0.

パヨちん今日も頑張ってるのにかわいそう

1 2019/11/29(金) 12:34:18.20ID:tivvDl609.

安倍さんの事務所ないしは後援会が主催した「桜を見る会前夜祭」はどうか?
参加者は5000円の参加費を払ったという。
まず、5000円以上の料理がしっかり出ていて、にもかかわらず、参加者には5000円しか徴収していなければ、
これは公職選挙法違反の疑いが出る。

他方、ホテル側が特別なサービスを提供したということであれば、それはホテルから安倍さん側への寄附にあたるが、
企業の政治家個人への寄附は認められていない。そうすると、こちらは政治資金規正法違反の疑いが出る。
仮に政党支部への寄附ということであれば政治資金収支報告書への未記載となり、安倍さん側も同法違反の疑いが出る。

野党は、この点で安倍さんを徹底追及するなら、しっかりと裏取りをすべきだ。
安倍さんが差額を補填したのか、ホテルが特別のサービスを提供したのか。裏取りがないままに、
なんとなく怪しいという感覚だけで追及すると、結局のところ森友学園問題や加計学園問題と同じ様相を呈し、
多くの有権者はついてこないだろう。

だから、野党が森友学園問題や加計学園問題であれだけ大騒ぎしたのに、野党の支持率は伸びていない。

「安倍政権憎し」の有権者からは支持されるのだろうが、政権交代を実現するには、その程度の支持では足りず、
「安倍政権憎し」ではない多くの有権者の支持も得なければならない。今の野党に欠けているのはこの戦略だ。

まず野党は、不正の話と不適切な話を分けなければならない。
不正の話は、政権を倒すことにつながり得る話だ。その代わり、それなりの裏付けも必要になる。

他方、不適切な話は政権を倒すことにはつながらない。ゆえに裏付けもそれほど要らない。

ただし、これは政権の姿勢を正す効果が期待でき、襟を正すことをしっかり政権に促して、
それに相応しい新ルールや新制度を提案していけば、すぐに野党の支持率が急上昇することはないかもしれないが、
じわじわと野党への信頼が厚くなっていくことは間違いないだろう。

今の野党は、裏付けもないのに、不正の話に持ち込んで政権を倒しにいこうとするから、国民がついてこないんだ。

不正の裏付けがなければ、不適切な話として、政権を倒すとういよりも政権の襟を正す雰囲気で政権に迫らなければならない。

ただちに政権を倒すことにはつながらないが、そのような野党の姿勢は着実に有権者からの信頼を勝ち取るはずだ。

これらは不正を糾弾し政権交代を迫るものではなく、不適切を改めるための提案というものだ。
このような政治家の襟を正す細かなルールの制定は、有権者にしっかり響くと思うね。

まあ、野党がこれくらい厳格に政治家の襟を正す新ルールを提案するなら、企業団体献金を禁止したり、
領収書抜きの年間1200万円の経費である文書通信交通滞在費を改めたりする新ルールを提案して成立させてほしいよ。
こういう肝心なことについては、野党はやらないんだよね。

https://president.jp/articles/-/30901?page=2

136:2019/11/29(金) 19:05:29.73ID:66/rllXA0.

Iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil
ま ぬ け な :
パヨクの墓 :
o――u―u―o

277:2019/11/30(土) 11:55:23.05ID:zxlQexrT0.

現役の総理大臣を「倒す」とかNHKはどこの国の放送局なん?

192:2019/11/29(金) 21:39:07.35ID:E94BFQIy0.

安住(枝野)、野田、前原、小沢
つまりお前らのせいってことだよな
分かっててもどうにもならんとか詰んでるだろ
もうお前らの出番ではないということだ

126:2019/11/29(金) 18:50:55.47ID:w/tyNK650.

国が衰退しているんだよ

9:2019/11/29(金) 17:53:48.15ID:kr5e54as0.

なぜ検索もせず重複スレ立てするのか

330:2019/11/30(土) 22:28:18.98ID:5Gnwnjrh0.

なぜ検索もせず重複スレ立てするのか

267:2019/11/30(土) 11:39:18.33ID:8DilahyL0.

何故NHKを倒せないのかが先

14:2019/11/29(金) 17:56:22.47ID:6DhuoEyw0.

倒す? そもそも野党マスゴミは日本人じゃないじゃん 倒すとか言ってるとぶちこまれるぞw

33:2019/11/29(金) 18:09:39.75ID:n/jjGW2I0.

>>31

プレミアムフライデーなのに?

タイトルとURLをコピーしました